太陽光パネルリサイクルの情報を掲載しております。

ソーラーフロンティア:太陽光パネルリサイクル技術

ソーラーフロンティア(出光興産子会社)は、NEDOと共同で進めてい太陽光パネルのリサイクル技術開発 (関連ニュース) に関して、先日開催「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋(2021年9月29日~10月1日、東京ビッグサイト)」で展示を行いました。

今回展示会で紹介したリサイクル技術は、「低環境負荷」と「高マテリアルリサイクル率」を特徴とするものである。リサイクルプロセスにおいては、低加熱温度で太陽光パネル表面にあるカバーガラスを分離できる独自のパネルセパレータ技術を活用する。ガラス自体を機器などを使わずに取り外せる上、薬剤などを使用する必要がない。廃棄物の総量を抑制できる上、エネルギー消費量と環境負荷の低減につながる可能性がある。

引用元:MONOist

ソーラーフロンティア(出光興産)は、先日太陽光パネル生産から撤退する発表を行い、今後は宮崎県の工場でリサイクル技術に注力すると報道がありました(関連ニュース)。
新しいエネルギー基本計画が閣議決定(2021年10月)され2050年に向けて再エネを主力電源化する中で太陽光パネルの低コスト化の波に飲まれた形ですが、今後はリサイクル技術の開発に期待したいです。

参考資料