太陽光パネルリサイクルの情報を掲載しております。

海外ニュース:IEA リサイクルを考慮したパネル設計ガイドライン

国際エネルギー機関(IEA)は、リサイクル可能な太陽電池モジュールの設計に関するガイドラインを発表しました。本ガイドラインによれば、2050年までに7800万トンに上ると予想される使用済み太陽電池モジュールの懸念に対応するため、メーカーが耐久性とリサイクル性のバランスを見極める重要性を指摘しています。

脱物質化の取り組みが進み廃却時のリサイクルが注目されているにも関わらず、太陽光パネルは廃棄時のリサイクルを念頭に置いて設計されておらず、リサイクルによって得られる材料を新たに製品に戻すことが課題となっています。本資料はリサイクル性を向上させるため、将来の設計に対してのリサイクル設計ガイドラインとなっています。

The global growth of clean energy technology deployment will be inexorably followed by a parallel growth of end-of-life (EOL) products that bring both challenges and opportunities. Cumulatively, by 2050, estimates project 78 million tonnes of raw materials embodied in the mass of EOL photovoltaic (PV) modules. Owing partly to concern that the projected growth of clean energy technologies could become constrained by availability of raw materials, despite ongoing dematerialization efforts, significant attention under the umbrella of circular economy has been brought to recycling these technologies at EOL. Yet PV has not been designed with recycling at EOL in mind, and it presents challenges to returning embodied raw materials back to use in new products through recycling. This study aims to inform future designs to improve recyclability through synthesis of prior published works augmented by novel recommendations that result in a set of general design for recycling (DfR) guidelines, with a subset specific to PV modules, as listed below.

引用元:IEA PVPS

一般的な製品のリサイクル設計ガイドラインに加え、太陽電池モジュールに特化した形での考慮すべき項目がまとめられています。

  1. モジュール構造と構成を耐久性の特定
  2. バックシートの構成
  3. 金属材料の選択
  4. 最小限の封止材の使用、可逆的な封止材による分解容易性
  5. モジュール構成部品の材料の種類や複雑さを削減
  6. アルミフレームへの異なる封止材の使用

国内では既に多くのメーカーが太陽光パネル生産から撤退しており、現行主流のシリコン系太陽光パネルで本ガイドラインが国内で有効に活用されることは残念ながら期待できません。一方で今後製品化が期待されるペロブスカイト型太陽電池の設計や、太陽光パネルの調達基準等に考慮されることが望ましいと考えられます。

参考資料