太陽光パネルリサイクルの情報を掲載しております。

奈良マテリアル:廃太陽光パネルリサイクル事業スタート

山本商事(ReSoLa)

山本商事グループの奈良マテリアル株式会社は、奈良県で初となる使用済太陽光パネルのリサイクル工場を立ち上げ、稼働開始したと自社ウェブサイト(Facebookページ)で公表しました。

山本商事グループの奈良マテリアル株式会社(松本育央代表取締役)は、新たに廃棄される太陽光パネルを100%リサイクルする奈良マテリアル第二工場を取得して整備を終え、稼働開始いたします。パネルは年間9万枚の処理、最大27万枚まで対応が可能で、廃太陽光パネルのリサイクル専属工場としては日本最大級になります。

限りある資源の循環利用、地球環境との共存を目指す弊社グループでは、老朽化した廃太陽光パネルの処理の全国的なニーズを受け、新たに最新鋭のリサイクル工場を整備いたしました。パネルのガラスは工業用ガラスへ、バックシートは精錬工場で銀を回収、アルミフレームもリサイクルを行います。

全自動ラインで、パネルの変形さえなければメーカーを問わずほぼ全てに対応が可能で、100%のリサイクル率を実現します。

引用元:山本商事Facebook

山本商事グループではリサイクル事業の他、建設・砕石や発電・電力事業など幅広く展開しており、グループのネットワークを活用した太陽光パネルのリサイクル展開が期待されます。

参考資料