太陽光パネルリサイクルの情報を掲載しております。

さいたま市:ゼロカーボンシティ実現に向けた共創推進に関する連携協定

さいたま市は、2050年までの二酸化炭素排出実質ゼロ(ゼロカーボンシティ)の実現に向けて、出光興産株式会社とゼロカーボンシティ実現に向けた持続可能な社会構築の推進に関し協定を締結しました。

4 連携事項
(1)エネルギーの地産地消の推進に関すること
(2)再生可能エネルギーの導入拡大、利活用、リサイクル等のライフサイクルの最適化に関すること
(3)地域資源を活用したエネルギーの面的利用に関すること
(4)分散型エネルギーの導入等によるレジリエンスの強化に関すること
(5)再生可能エネルギーの導入拡大や双方が持つ知見、事業資産、技術等の利活用を通じた、環境・経済・社会の統合的取組の推進及び「地域循環共生圏」の実現に関すること

引用元:さいたま市

この中で、再生可能エネルギーのリサイクルも対象となっています。
提携先である出光興産では、子会社ソーラーフロンティアがNEDOと共同で太陽光パネルリサイクル技術の適用についても検討を進めており、循環型社会の実現を目指すとあります。(関連ニュース

埼玉県では、太陽電池モジュールリサイクル協議会の設立や太陽光パネルの処理ルート構築に関する実証(関連トピック)など、太陽光パネルのリサイクルに関する取り組みを強化しています。
今後の大量廃棄の課題解決に向けて、処理業者やリサイクル装置メーカーだけでなく、地域や自治体の動向にも注目する必要があります。

参考資料