太陽光パネルリサイクルの情報を掲載しております。

東京パワーテクノロジー:廃太陽光パネルリサイクル事業の開始

東京パワーテクノロジー株式会社が、2021年4月1日から太陽光パネルのリサイクル事業を開始しました。
同社の川崎リサイクルセンター(神奈川県川崎市扇島)に太陽光パネルリサイクル施設を設置し、関東地方を中心に現場調査から解体、運搬、リサイクルまでのトータルサービスを展開します。

神奈川県川崎にある東京パワーテクノロジーのトップページ
(出典:東京パワーテクノロジーホームページより)

処理施設の概要は以下となります。

◎太陽光パネルの産業廃棄物処分業許可
 ・太陽光パネル廃棄物(処分方法:破砕・分離)
  許可の年月日:令和3年4月1日
 
◎川崎リサイクルセンターの概要
 ・所在地:神奈川県川崎市川崎区扇島4-17 JFE内
 ・敷地面積:約37,800㎡
 ・処理能力:9.6t/日(約480枚/日)
 ・その他:ISO14001 認証取得(2017年3月)

東京パワーテクノロジーWEBサイトより

太陽光発電の固定買取価格制度が終了し始める30年代に向けて、市場での存在感を先駆けて確保する狙いがあるとあります。

参考資料